基礎知識|岡山・倉敷のネイルサロン B・facette(ビ・ファセット)

  • ご予約・お問い合わせ
メニューを開く

基礎知識

Learning

ネイルケア・ネイルアートの歴史

ネイルケア・ネイルアートの歴史

今や多くの女性がお洒落として楽しんでいるネイルケアやネイルアート。
「manicure(マニキュア)」という言葉は、ラテン語の“手”を意味する「manus(マヌス)」と“手入れ”を意味する「cure(キュア)」が合わさり変化したのが語源です。
つまり『マニキュア=手の手入れ』という意味で、ネイルカラーを指すわけではなく、ネイルケアやネイルアート全てを包括します。
同様に、“ペディキュア”も“足”をあらわす「pedis(ペディス)」+「cure(キュア)」が語源です。
ネイルのルーツは、なんと紀元前3000年のエジプトにまでさかのぼります。 この時代の王族ミイラの爪には染色が施されていました。
ヘンナ「henna」という植物の花の汁を用いて爪を染めていたようです。(現在、ヘンナはヘナとも呼ばれヘアトリートメントにも用いられていますね。) 位が高いほど濃い紅色で染色され、低いほど薄紅色になっていくのが特徴です。
爪を染色という行為は手を使った労働を強いられない、富裕層の人々の特権だったようです。
中国では唐の時代に楊貴妃が爪に染色を行い、その唐の影響を受け、日本でも平安時代に伝来しました。
平安時代には「鳳仙花」(ほうせんか)の花を用いて赤く染め、江戸時代には紅花を用いたそうです。 そして、現在のようなネイルカラーが生まれたのは1920年代のアメリカです。
自動車の塗料として使用されていたラッカーが、速乾性・耐水性に優れていたのでネイルカラーに応用されたのです。
その後、1970年代に日本に本格的にネイルカラーが普及し、現在のようなネイルケア・ネイルアートへと発展してきたのです。

▲ ページトップに戻る

ネイルの色々な部分の名称

ネイルの色々な部分の名称

ネイルプレート(爪甲) 爪の本体のことです。3層からなっています。 ネイルベッド(爪床) ネイルプレートの下にあるピンク色の皮膚組織の部分です。 フリーエッジ(爪先) ネイルベッドから先の白い部分です。 ストレスポイント 爪の両側面の亀裂が入りやすい部分です。
ネイルグルーブ(爪溝) ネイルプレートの両側面の溝の部分です。 ネイルウォール(爪廊) ネイルグルーブにかさなる皮膚の部分です。 ハーフムーン(爪半月) 爪の根元にある白色をした三日月形の部分です。 キューティクル いわゆる甘皮です。 新しく成長する爪を保護します。 マトリックス(爪母) ここで新しい爪を作ってくれています。

▲ ページトップに戻る

ネイルの長さを整える

ネイルの長さを整える

ファイルの使い方

爪の長さを整える際に、爪切りを使ってしまうと爪に負担がかかり、二枚爪や亀裂が入ってしまう原因になります。ファイルを使用して爪の長さを整えましょう。 手を軽く握り、爪にエメリーボードをあててください。(角度は45度くらい)ファイリングする爪先が不安定にならないように親指で支えてあげます。エメリーボードを使用する時は決して往復させず、右から左、左から右など必ず一方向で削ります。 第一関節と平行に動かすとまっすぐ綺麗に削ることができます。

▲ ページトップに戻る

ネイルの形を整える

ネイルの長さを整える

スクエア

爪の先端が真っ直ぐで爪の両端が角になっている形です。 その名の通りスクエア(四角)です。 爪先が真っ直ぐなので負荷が均一にかかり、亀裂や割れてしまう可能性があまりありません。 丈夫なので、お仕事でパソコンのキー入力などが多い方におススメです。

ネイルの長さを整える

スクエアオフ

スクエアの角をおとし、丸みをだしたのがスクエアオフです。 スクエアのように先端が真っ直ぐではないのでフォルムが綺麗ですし、丈夫です。 爪を長く伸ばしたい方はこのカタチがいいでしょう。

ネイルの長さを整える

ラウンド

ネイルのサイドがまっすぐで、先端が少し丸みをおびた形のことをいいます。 先端がそこまで細くないので、強度もあり丈夫です。

ネイルの長さを整える

オーバル

ネイルの先端が卵のように丸みをおびたカタチのことをいいます。 どんな指にも似合い、いちばん指先がキレイに見えるとも言われています。 上品ですが、先端が細い分だけ強度は弱くなっています。こまめなケアが必要です。

▲ ページトップに戻る

キューティクル(甘皮)のケア

キューティクル(甘皮)のケア

Step.1

38~40度くらいのお湯で指を温め(お風呂上りでもOKです)、 爪周辺やキューティクル(甘皮)を柔らかくします。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.2

そしてキューティクル(甘皮)にキューティクルリムーバーを塗ります。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.3

薄くコットンを巻きつけたオレンジスティックで円を描くように甘皮やルーズスキンを押し上げます。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.4

少し濡らしたガーゼを親指、もしくは人差し指に巻いて甘皮を優しくふき取ります。

▲ ページトップに戻る

バッフィング

バッフィング

バッフィングとは、バッファーを使ってネイルの表面を優しく磨くことです。 ネイルの表面をなめらかにして、ネイルカラーがより映えるようにします。 (ネイル表面が凸凹だと自然なツヤがでません)決して力をいれてゴシゴシとバッフィングするような ことはしないでください。

▲ ページトップに戻る

ハンドケア

毎日仕事が忙しくてハンドケアをついついおろそかにされている方は多いのではないでしょうか? せっかくネイルが綺麗でも手が荒れてしまっていては台無しです。 簡単、手軽で効果的なので是非習慣にしてください。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.1

ハンドクリームやローションを適量(10円玉の大きさくらい)手にとります。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.2

手のひら全体に伸ばすようにマッサージします。 マッサージしながら手を温めてあげましょう。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.3

手の甲にも伸ばしてマッサージします。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.4

親指と人差し指で指をつまみ、根元から指先に向かってマッサージします。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.5

次は親指と人差し指で指の側面をつまみ、根元から指先に向かってマッサージします。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.6

指先の側面を軽くつまみ、左右に動かすようにマッサージします。

キューティクル(甘皮)のケア

Step.7

手のひらを親指で押します。

▲ ページトップに戻る